XYZ collective

THE STEAK HOUSE DOSKOI

 

□ Gallery Hours □

Thursday - Saturday 1pm - 6pm

Sunday  1pm - 5pm

XYZ Collectiveのためのベネフィット展 「クールインヴィテーションズ 7」 参加アーティスト ジン・テイラー ジェシカ・ジャクソン・ハチンス トレバー・シミズ リサ・ラピンスキー ジュリアン・モネリー 有馬かおる 廣直高 竹崎和征 土肥美穂 掘ななみ ミヤギフトシ 八重樫ゆい COBRA MISAKO & ROSEN 兼平彦太郎 キュレーション:ローゼン美沙子&ジェフリー コレクションテーマ:XYZ collectiveの歴史を見る 毎年恒例の「Cool Invitations 」です。今年で7回目となりました。今年は、早々にコロナの感染拡大防止対策で休業を余儀なくされるなど、世界的にも困難な幕開けとなりました。そんな中いつもと開催の季節こそ違いますが、今年も淡々とこの小さなプロジェクトが遂行されます。 「クールインヴィテーションズ 」展とは 「クールインビテーションズ」 デジタル化の波に押しやられ、招待状が紙で届くのが古くさい時代になりましたが、招待状を送るという機能はメールになってもまだ残っています。この展覧会にて、訪れた人がコレクション展示された招待状を見て、さまざまな過去の展覧会を思い出してもらえたら嬉しいです。 その時に紙の招待状は、展覧会の一部の役目を果たしている事になるからです。恒例になった展覧会の参加者には、まったくの想像上の招待状を考える事をお願いしました。不可能でも可能でもある展覧会、単なる夢の招待状、これらの「想像の展覧会の招待状」は、アートに関わる人なら誰でも考える事ができます。 本展覧会は、XYZ Collectiveの活動繁栄のために行われるベネフィット展覧会です。アーティストが手がけた作品としての招待状を販売いたします。日本では、まだ完全にコマーシャルギャラリーではない、XYZ Collectiveのようなアーティストランスペースが活動していくのは、非常に難しい課題です。 このベネフィット展を通し、昨年の海外での活動が活性化しました。主な活動に、プラハで開催されたギャラリーシェア企画「Friend of a Friend」に参加、ベルギーのギャラリーラ・メゾン・デ・ランデブーにてグループ展「Tokimeki Memorial」を企画、ウィーンのギャラリーGuimaraesにて2人展「ジリ・コバンダと井出賢嗣」を企画、アートフェアは10月に開催のパリインターナショナーレと12月のマイアミで開催のNADAアートフェアプロジェクトブースに参加しました。 常に日本のアーティストを国際的なプロジェクトに招聘する役目も担っています。 また国内の活動としては、堀ななみや今井麗の個展を開催するほか、松原壮志朗とナオキ・シュッタ・シュドウ(ロサンゼルス在住)の2人展などを開催しました。 今年は、早くも2月に開催された現代美術商協会主催の「CADAN:現代美術」展に出展したほか、中野浩二の個展を開催するなど、世界全体が困難な状況の中でも活動を継続しています。 The time has come for the annual (7th) “Cool Invitations” exhibition at XYZ Collective; from the start of this year we and the rest of the world have been forced to shutdown due to corona. However, though the season for the show is different from usual...this small project will succeed this year. About Cool Invitations Paper exhibition invitations may seem old fashioned and out of date but they still function very well. We will have achieved our aim if visitors to this show feel a sense of longing and excitement toward the exhibitions represented in the presented invitations. When this response has been generated - the invitations themselves will truly function as active parts of the exhibition. The annual participants, friends of XYZ Collective and Doskoi Steak House including artists and curators/ gallerists, designed “imaginary” invitation cards for exhibitions both impossible and possible or just a dream….these “imaginary” exhibition invitation card” suggest that anyone may now make an exhibition invitation when, for whom and however they may want. This exhibition serves as a benefit for the wide range of XYZ Collective activities. Last year, XYZ was more active in their international activities than in years past. They took part in the gallery share “Friend of a Friend” in Prague as well as curated the exhibition "Tokimeki Memorial” for the Brussels exhibition space, LA MAISON DE RENDEZ-VOUS. In Vienna, at the space Guimaraes, they organized a two person exhibition with Kenji Ide and Jiri Kovanda. As for art fairs, in October, they took part in Paris Internationale and in December, NADA in Miami. XYZ Collective continues to use funds generated from Cool Invitations to introduce the work of Japanese artists to a wider international community. This year, XYZ has already taken part in the CADAN : Gendai Bijutsu exhibition produced by the Contemporary Art Dealers Association Nippon and have also presented a solo exibton with artist Koji Nakano in their own exhibition space.  Participants : Zin Taylor Jessica Jackson Hutchins Trevor Shimizu Lisa Lapinski Julien Monnerie Kaoru Arima
Naotaka Hiro Kazuyuki Takezaki Yui Yaegashi Miho Dohi Nanami Hori COBRA Futoshi Miyagi Misako&Rosen Hikotaro Kanehira
 XYZcollective Hikari Ono Exhibition Object For Painting  THE STEAK HOUSE DOSKOI Yuka Hasegawa Exhibition Woman with a Pearl earring